サイト作成時にこんな悩みはありませんか?

迷い

  • 得意ジャンル以外ではコンテンツ構成に重要な単語(共起語)が思い浮かばない。
  • 得意ジャンル以外では見出し構成の検討がつかない。
  • 競合を避ける為のSEO対策キーワードを探すのに時間がかかる又は、見つける事が出来ない。
  • 競合するサイトを手動で調べているので時間がかかる。
  • 自サイトの検索順位取得に高額な料金を支払っている。

 

どれも私が得意ジャンル以外のサイトを作る場合当てはまる事項ばかりです。きっと同じように思っている方も沢山いるのではないでしょうか?

 

得意ジャンル意外といえどサイトを作るからには検索エンジン最適化(SEO)し、検索上位に表示する事が目的です。その為にはコンテンツSEOが重要ですから、共起語など重要な単語を調べ、更には作るサイト、自身のコンテンツSEOの能力にあった、上位表示可能なキーワード、競合が少ないキーワードで対策する事が必要になってきます。

 

ちょっとしたサイトを作るにしても膨大な時間と手間が必要になってきますよね。私自身そうでしたし、新しいジャンルなどは非常に参入しずらい状態でした。

 

同じような問題を抱えている場合はコンテンツスカウターZの導入でほぼ解決できるかと思います。

 

 

特典付きでコンテンツスカウターZを購入します

 

コンテンツSEOツールのコンテンツスカウターZとは

公式サイトで公開されている動画ですが、コンテンツスカウターZの概要をつかみやすいかと思いますので一度参考にして頂けたらと思います。

 

 

 

コンテンツスカウターZの大体の概要はつかめたでしょうか?

 

コンテンツスカウターZで出来る事は4つあります。

 

  • お宝キーワードを見つける事が出来るキーワード解析機能
  • 競合サイトのコンテンツ構成を丸裸にできる見出し解析機能
  • 上位サイトが使っている単語を集計できる共起語解析機能
  • 競合サイトにアフィリエイトサイトが含まれているか確認できるタグ解析機能

 

更にコンテンツスカウターZではサイトの順位をチェックできる機能が追加されています。現在はGoogleの順位チェックが同一IPの連続発信制限が厳しいようで、個々のIPによって異なり上手く動作しない場合もありますが、Yahooに関しましては問題なく利用できています。

 

YahooはGoogleの検索エンジンですから実際に両者比べてみても順位の差はほとんどない状態です。1~2位程度の差がキーワードによってたまにある程度でしょうか。その順位取得差が致命的になるような利用用途は稀でしょう。私の場合はYahooのみでも十分機能し、活用させて頂いています。

 

代表的な順位チェックツールのGRCは50URLの制限で810円/月の料金がかかりますからそれを考えた場合、コンテンツスカウターZは約2,000円/月で利用できる計算となります。

 

いやいやGRCは5URLなら405円/月だけどって話も聞こえてきそうですが、5URL程度の管理であればそもそもがコンテンツスカウターZ自体必要ないのでは?といった感じです。

 

わかりやすく言いますとコンテンツスカウターZは管理サイトの上位表示の為に手動で行っているコンテンツSEO対策の調べる作業を大幅に短縮してくれるコンテンツSEOツールです。大事なところは調べる作業が大幅に短縮できる!です。

コンテンツSEOツールコンテンツスカウターZの機能

お宝キーワードを見つける機能について

コンテンツスカウターZの機能1

 

私がコンテンツSEO対策で行っているのは作りたいサイトが決まれば、上げたいキーワードの選定です。流石に売れるキーワードまでは調べる事ができませんので、大凡の目安で絞った売れそうなキーワードをいくつかコンテンツスカウターZで調べます。その中で競合が比較的少ないキーワード、上位サイトのMOZランクやキーワードのinTitle状態、アフィリエイトサイトかどうか、上位表示サイトの記事の文字数などを見て決定します。すべてコンテンツSEOツールのコンテンツスカウターZで解析されています。

 

コンテンツスカウターZがない頃はすべて手動です!複数のキーワードを調査しようとした場合は膨大な作業量となっていました。キーワードで検索をかけ上位表示されたサイトをそれぞれ、MOZのサイトエクスプローラーなどでドメインランクの確認、更には上位サイトの記事文字数、キーワードのinTitle状態、アフィリエイトサイトかどうか等、5つのキーワードで上位10位を調べた場合50サイトの調査が必要です。ジャンルが決まって競合の少ないキーワードを選ぶだけでこの作業量です。

 

一瞬とまでは言いませんが、コンテンツスカウターZなら5つのキーワードくらいでしたら5分もあれば解析完了し集計されて一覧表示されます。そこから競合が弱そうなキーワードを選定するだけです。10分もあればキーワードを絞れます。コンテンツスカウターZがない状態での作業量と比べるともうおわかりですね。

 

コンテンツSEOツールのコンテンツスカウターZは作業量、時間が大幅に短縮できます!

 

勘違いしやすい部分として、お宝キーワード=売れるキーワードではありません。公式サイトの表示でもそうですが、一瞬え??売れるキーワード発掘できるの?となりますが、実際は競合が少ないキーワードを比較して探せる機能となりますので、売れるか売れないかはサイトを作るまではわかりません。
売れるキーワードをいくつか別の方法で準備できるならさらに効率的に売れるサイトを作ることが可能でしょう。

見出し解析機能について

コンテンツスカウターZの機能2

 

競合の少ないキーワードを選定できたかと思いますので、次はコンテンツの作成、先ずは見出し構成ですね。文章を書いてから見出しを決める方もいるかと思いますが、コンテンツSEOでいえば、初めに選定したキーワードを含みながら見出しを構成していき、見出しに沿って記事内容を考えていくと、まとまりのある記事が書きやすいかと思います。

 

コンテンツスカウターZを持っていない場合、今まで私はどうしていたかといえば、興味があるジャンル、得意なジャンルは、大体すぐに検討がつき、独自に見出し構成を考えても検索者の意図と大きなずれが無い場合はそのまま上位表示されることもあります。

 

ですが、得意ジャンル以外、自分の知識の乏しいジャンルの場合は見出しも先ほどのキーワードで実際に検索した場合に表示される上位10サイトの見出しを調べ順番に記録し、重要と想定できる見出しを選定し、構成して、更に独自のアレンジを加えて見出しを構成しますが、この作業も10サイト分必要です。精度を高めるなら更に10サイトの合計20サイトを調査します。これにも最低でも1時間以上はかかる作業です。

 

話の流れで想像はつくかと思いますが、もちろんこの作業もコンテンツスカウターZでは5分もあれば十分です。キーワードがきまっているならば、上位20サイトを分析しても5分あれば十分です。

 

コンテンツスカウターZでは上位サイトの見出し構成が一覧表示されますので、あとはそのジャンルで必要と想定できる見出しを自分独自にアレンジして、キーワードを含めながら構成することで、コンテンツSEOが重視される今はより検索結果での上位表示の可能性に近くなるでしょう。

 

共起語解析機能

コンテンツスカウターZの機能3

 

競合が少ないキーワード、見出し構成が出来たかとおもいます。慣れてくるとここまで20分あれば十分でしょう。コンテンツスカウターZが無い場合は得意なジャンルであっても2時間くらいはかかる作業です。(この辺は個々のサイト作成の力の入れ具合で変わる部分でもありますが)

 

 

 

見出しも決まったところで見出しに沿った内容を書いていくわけですが、闇雲に書くより見出しがある分大体書くべき内容がわかるかと思います。

 

その内容は出来るだけ専門的で、濃い内容の方が良いに決まってるわけですが、なかなか専門的に知識が乏しいジャンルでは書けないものです。

 

そこでコンテンツスカウターZが無い場合はどうしていたかといえば、上位10サイトを隈なく読破し、自身の知識を増やすわけですね。わからない単語が出てくれば都度単語について検索しなおすわけです。自身の知識を増やし見出しに沿った内容を最終的には書いていく必要がありますので膨大な時間が必要ですね。

 

例えばスマホのサイトを作ろうと思えば【スマホ】の単語と同時に【格安携帯】や【MVNO】といった専門的な単語を文章に含めるわけですがこの【スマホ】と一緒にによく使われる【格安携帯】や【MVNO】が共起語と呼ばれるもので、同時に含めて使うことによりより専門的とみなされコンテンツSEOと言われるように上位表示されやすくなります。図は【格安スマホ】のキーワードでの上位表示サイトの分析結果を一般のWEBサービスを利用して解析したものです。

 

チェックした上位サイトで使われている共起語を含めながら、タイトルに沿って記事を書く必要がありますが、コンテンツSEOツールのコンテンツスカウターZがあれば、上位サイトで使われている単語を集計してくれる機能があります。一般のWEBサービスでは1サイト毎しか表示する事が出来ませんが、コンテンツスカウターZは上位表示の複数サイトでの合計、サイト単位での合計と2種類集計されますのでより重要と考える方を参考にすると良いかもしれません。

 

キーワード出現率

 

コンテンツSEOツールのコンテンツスカウターZは単語を集計してくれますので、その中から出現頻度が高く重要な単語を選んで、見出しに沿った内容の文章を作ることになります。

 

上非表示すべてのサイトの単語をすべて集計するのは人間業じゃ不可能ですね。1ヵ月くらいかかりそうです。それをすべて集計してくれますので、重要な単語を見つけやすくなります。また得意分野のジャンルであったとしても、あっ!この単語含めるの忘れてた!なんてことが良くあります。

 

少し紛らわしい公式サイトの表示ですが、共起語自体を選定して見つけてくれるといった機能は流石のコンテンツスカウターZにも搭載されていません。あくまでも集計された単語の中から共起語として判断して使うのは利用者自身となりますので注意してくださいね。
とはいえ、作業量を膨大に短縮出来る機能の一つです。

タグ解析機能

コンテンツスカウターZの機能4

 

冒頭の方でも少しお伝えした競合サイトを見分ける機能として、タグ解析機能があります。

 

これはライバルサイトがアフィリエイトサイトなのかGoogleアドセンスサイトなのか、公式サイトなのかの判断をアフィリエイトタグが入っている、入っていないで簡易的に判断できる指標の一つになる機能です。

 

上位がアフィリエイトサイトで埋まっている場合は、アフィリエイトサイトでも上位表示可能といった具合に選定したキーワードでのサイト作成判断基準になる一つの指標として利用する事が出来るかと思います。

 

ただリダイレクトして飛ばすようなアフィリエイトサイトは判定する事ができません。指標の一つとしてとどめ、10位まで位は実際に各サイトを開き確認する事がベストかと思います。

これからの検索エンジン最適化はホワイトハットコンテンツSEO

検索順位の上位表示には多くのSEO業者のサイトでもコンテンツが重要と明記されています通り、実際にサイトを作っていてもそう感じています。被リンクの効果が全くないといったわけでなく、以前ほどの効果が無くなったように感じます。

 

簡単にいえばコンテンツが重視される割合が5割を超えているように感じます。SEO業者や専門職ではないので、そのへんの詳しい話にはなんの説得力もないかと思いますので割愛しますが、サイトを作ってる側のリアルな感じ方はお伝え出来たかと思います。

 

それほどコンテンツが重視されコンテンツSEOがとても重要といった風潮に最近はなっていますし、現実そう感じます。

 

ということは、どれだけコンテンツに力を入れれるかが重要で、コンテンツSEOツールであるコンテンツスカウターZを持っている、持ってないでサイトを作るスピードに大きな差が生まれる事は必至です。コンテンツスカウターZがなければサイトができないかといったらそうではありませんが、利用している人に比べて同じ時間でサイトに詰め込む情報量の差は歴然です。

 

既に相当数の方がコンテンツSEOツールとしてコンテンツスカウターZを導入されているようですので、今後持ってない方との差はどんどん広がっていくことが想定できます。

当サイトからコンテンツスカウターZの購入者特典

正直なところ、このコンテンツスカウターZの発売で徐々に上位サイトのコンテンツが今以上に濃い内容となり、急激にではないにしろコンテンツのレベルがあがりコンテンツスカウターZが無い場合はなかなか上位に食い込めないといった状況になるのではないかと思っています。

 

コンテンツスカウターZを知らない方にはおすすめしたくないのが本音で、私が使ってる以上コンテンツスカウターZを持っていないあなたより有利にサイトの作成が出来ているのは紛れもない事実で持ってない方との差で上位表示で来ているという事も十分ありえます。

 

じゃあこのサイト必要ないよね、実はおすすめしたくないとかそんな読者を煽る文言必要ないよねって話になるかと思いますが、発売されてしまった以上遅かれ早かれコンテンツSEOツールのコンテンツスカウターZについてどこかで見る、知る機会が、これまで知らなかったあなたにもきっと来ると思います。発売されてしまった以上歯止めが効きません。

 

どんどんコンテンツスカウターZの利用ユーザーは増えていくでしょう。考えてみてください私がおすすめしたくないのは本当に事実です。アフィリエイトやネットビジネスで大切なのは他との差別化です。それが1つ無くなるわけですから。でも私が紹介しなくてもコンテンツスカウターZはどんどん増えていきます。私もアフィリエイトをして少なからず収入を得ている訳ですから、嫌だけどコンテンツスカウターZも紹介せざるを得ません。稼ぎたいですから。

 

特に無理強いはしません。こちらの記事をお読みいただいて、同様のことを感じた方がいましたら、コンテンツSEOツールのコンテンツスカウターZが気になりましたら以下のリンク先から公式サイトを一度読んで頂けたらと思います。

 

更に詳しく購入者の声や公式サイト特典の案内などが記載されていますので参考になるかと思います。

 

当サイト経由でコンテンツスカウターZを購入頂いた方には購入者特典としてアマゾンギフト券(メールタイプ)1,000円分を進呈したいと思います。

 

いろいろ特典を考えました。他のサイトで行っている実際にもらっても使えないゴミ特典の山、特にイラスト集やバナーなんかはデザインが古く自分のサイトに合わないといった事になりやすく、また使い物にならない過去の情報商材やテンプレート、ツールにしても無料版をもらえるけど製品版とは差がありすぎる、もらった後バックエンドで営業メールが山のようにくるといった特典にしてありがた迷惑な特典はやめました。

 

アマゾンギフト券(メールタイプ)1,000円分ですが、有効活用して頂けたらと思います。

 

コンテンツSEOツールのコンテンツスカウターZは月額課金で使えないと思えばいつでも解約可能ですし、月額3,000円弱から始める事が出来ますから、実質当サイトからの特典アマゾンギフト券を差し引けば2,000円弱でお試し感覚で利用できるかと思います。

 

矢印

 

購入時は特典付き!コンテンツスカウターZ公式サイトを見る

 

 

購入時の注意事項

 

当サイトから公式サイト移動時はご利用のブラウザのクッキーを有効にしてください。購入時に以下の画像にある赤枠部分の表示が無い場合は当サイトからの購入者特典アマゾンギフト券1,000円分を受け取ることが出来ませんので、購入画面にてご確認ください。
クッキーの確認

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネット光回線の見直しを考えていませんか?

現在、高額なキャッシュバックキャンペーン特典で各光回線の事業者間で顧客の獲得争いが激化しています。

ソフトバンク光、NURO光、auひかりとキャッシュバック金額が凄いことになっています。

総務省から規制が入る前の今が光回線乗り換えチャンスです。なかでもauひかりは群を抜いて特典が手厚くなっています。

auひかりに興味がありましたら以下のサイトで詳しく紹介されていましたので是非一度読んでみてください。

auひかりキャッシュバックランキング